高度専門職業人養成コース(前期課程)

2023.10.01更新

現代社会は、その情報化・高度化により、組織、体制、価値などのボーダーレス化が進行し、ますますより高い質の人材が求められています。特に、生涯学習社会の到来や各種の社会病理現象への対応、教育界・産業界の複雑化と高度化に応えていくために、高度な専門知識・資格や高い一般的教養を備えた人材の養成が、いまや急務の課題となっています。この社会的要請に応えていくために、人間発達科学研究科では、平成12年度より高度専門職業人養成コースを新たに開設し、スタートさせました。 

高度専門職業人養成コースは、生涯学習研究、心理開発研究、心理臨床研究の三つのコースからなり、それぞれのコースにおいて、在職、および一般社会人のための高度な理論的、実践的専門教育の機会を提供し、各種の教育・学習施設や企業などの実務界、また各種臨床分野で活躍できる高度な専門的資質を有する指導者を養成するプログラムです。本コースの修了後は、修士号が授与されます。

生涯学習研究コース 

大学等高等教育機関、学校等教育機関、生涯学習関連施設および企業などで教育関係職務に従事する指導的立場にある(あるいは、それをめざしている)在職の社会人(教員、職員)を対象に、高度な理論的・実践的専門教育の機会を提供し、管理・経営・マネジメントなどに関わる高度な専門的資質と能力をもった指導者を養成します。

プログラムは、生涯開発教育、学校科学臨床、高等教育マネジメントの三つの分野から構成されており、いずれも昼夜開講です。受講生は各自の目標と関心に従って、自由に選択受講することができます。

生涯開発教育分野

吉川教授江頭教授石井拓児教授小長井助教*、辻教授河野明日香准教授

(注:*を付した教員は、高度専門職業人養成コース(前期課程)での研究指導は担当しない。)

心理開発研究コース

民間企業(人事管理部門、製品開発・マーケッティング部門)および各種研究所、教育研究機関、各種団体などにおいて「開発研究(research for development)」に一定の実績をもっている社会人を対象に、組織内の人間に起因する諸問題を解決する高度な知識・技術を有する人材を養成するプログラムです。

心理臨床研究コース 

近年、不登校やいじめ、自殺、家庭内の心理的問題など「こころ」の問題が注目されています。そのため、これらの諸問題に対応する臨床心理士、カウンセラーの養成はこれまで以上に急務の課題となってきます。このコースは、こうした時代的要請に対応するため、心理療法に関する高度な技術を有する専門職業人を養成するプログラムです。

ページ先頭へ戻る